オークウッドプレミア東京の概要はこちらの記事をご覧ください。オークウッドプレミア東京1

オークウッドプレミア東京 キッチンを備えた機能的な高級サービスアパートメントです。 丸の内の鉄鋼ビルディングの南館に位置する商業施設ビルの6階〜最上階19階までが客室となっています。

客室は123室となっており、33〜110平米の様々なタイプの客室を用意しているのが特徴です。(全室禁煙)

客室のデザイン

客室はブラウンベースのモダンスタイル。海外のエグゼクティブにも受け入れてもらえるような高級感のあるインテリアです。

ラウンジと同様に客室も天井から床までの大きな窓も特徴です。

対してキッチンは白を基調に黄色など差し色を使った海外のようなスタイルです。

一番シンプルな客室はスタジオタイプ(33〜38平米)です。

こちらはスタジオスーペリアの客室。

スタジオスーペリアはシャワーブースだけでバスタブがないのが特徴の客室です。外国人ゲストにはバスタブが必要ない人も多いので簡易的なシャワーで十分です。

プランによってはスタジオタイプの客室は、 ベッドタイプは指定できない(キングかツイン)こともあります。

1ベッドルーム以上の客室

1ベッドルームになると居住スペースとベッドルームが分かれたスイートタイプの客室になります。

バスタブも完備されています。(1ベッドルームのスイートスーペリアを除く)

部屋の広さは、

・1ベッドルーム 49〜89平米

・2ベッドルーム 80〜101平米

・3ベッドルーム 110平米

です。

3ベッドルームは、

・グランドマスターベッドルーム

・2部屋のベッドルーム

・リビング&ダイニングという仕様です。長期滞在にもいいですね。

客室タイプによって部屋のイメージはだいぶ変わります。基本コンテンポラリーな感じで木の柔らかさを感じますが、

ワンベッドルームのリビングは木目がポイントのポップな印象。

ワンベッドエグゼクティブのリビングは色味を抑えた落ち着いたイメージです。

夜景を楽しむには部屋に色は少ない方が良いです。

ラグジュアリーホテルは部屋のグレードが変わっても部屋イメージはあまり変わらないのですが、オークウッドプレミア東京は人が住む家のようにバリエーションがあります。

部屋からの眺望は丸の内の高層ビルが比較的きれいに見えます。 ただ、部屋によっては、 ソファからの眺めが百貨店の大丸・・ということもあるようなので、 予約の際に部屋の位置を確認すると良いかもしれません。

中・長期滞在の場合は家具の移動をしたくなる眺望の部屋もあるそうです。

WIFIは有料(1,500円/日)です。ホテルのようにコピー・ファックスなどのビジネスサポートもあり仕事もしやすいです。レジデンスラウンジは夜ももちろん使用可能です。

レジデンスラウンジ

ロケーションは東京駅の隣、ディズニーランドまでも30分圏内なので、ご家族友人との滞在にも便利ですね。

また、丸の内近辺初のサービスアパートメントとなるので(2017年3月に大手町にアスコット東京が開業します。)外国からのゲスト受け入れや駐在員などの法人系ニーズもかなりあると思います。

ラウンジなどはインターナショナルな雰囲気です。ビルの5階にはジムもあります。

普段のライフスタイルを崩さず滞在するには ホテルよりこのようなレジデンスホテルのほうが便利ですね。

アクセス「東京駅」八重洲北口・日本橋口〜徒歩2分 首都高速都心環状線 呉服橋出入口より/約3分 成田国際空港より/約90分羽田空港より/約40分

宿泊予約サイト

JTB
一休
Relux
オズモール
楽天トラベル
JTB
一休
Relux
オズモール
楽天トラベル

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2