1階のカジュアルレストラン「BeBu」のバーガー

前回の記事アンダーズ東京2〜天空の客室

アンダーズ東京のレストランの概要

アンダーズ東京のダイニングについて紹介します。 アンダーズ東京には以下のレストランがあります。

・ザ タヴァン グリル&ラウンジ

・カフェ&バー BeBu (ビブ)

・ルーフトップ バー

・the SUSHI

・ペストリー ショップ

ザ タヴァン グリル&ラウンジ




メインダイニングは51階の西洋料理「タヴァン」 朝食からディナーまで楽しめるオールデイダイニング。

オーストラリア人シェフの繰り出す フレンチ、イタリアンベースの洋食、といったところ。眺望や雰囲気も含めて味わうのがおすすめ

バーラウンジとダイニングのふたつのエリアに分かれており、 ゲストの様々の目的に合わせて使いわけができて便利です。

ブラウンを基調にした落ち着いたインテリアで、イタリア人アーティストのオブジェや、 日本の伝統美を意識したインテリアやオブジェなど、独特でも品よくまとまっているインテリアが素敵です。

テーブルの上の盆栽。ホテルのベースにあるコンセプト「和」をこんな部分でもさりげなく感じることができます。

和のコンセプトのラグジュアリーホテルは都内にたくさんありますが、ユーモアがあるのがハイアット系ホテルのエスプリだと思います。
アンダーズ東京の朝食



アンダーズ東京の朝食は、ホットディッシュは好きなものをテーブルまで持ってきてくれます。(2品選べます)お店のおすすめはクロワッサンを使ったエッグベネディクト。

さっくりとしたクロワッサンにとろける濃厚な卵のポーチドエッグ、そして定番のオランデーソースがかかった朝から大満足の一品です。

様々な用途に使えるダイニング

アンダーズ東京のダイニングはもちろん会食やデートにもいいけれど、肩の力を抜いて楽しめる雰囲気があります。そのため女性同士のディナーなどにも使いやすいです。 こちらはラウンジ&バースペース。中央に暖炉があり、都内有数の高層階からの東京の眺望を眺めながら、ゆっくりコーヒーや夜はお酒を楽しむことができます。

時間によってはピアノの生演奏も。

女性にはアフタヌーンティも人気。

夜は窓一面の大迫力の夜景を眺めながら バーカウンターやソファーでゆっくりお酒を楽しむことができますが、席によっては眺望が期待できないので目的に応じて事前に確認しておきましょう。

週末はここでセミビュッフェスタイルのブランチも頂くことができます。

【ザ タヴァン グリル&ラウンジ】の詳細情報
51階
グリル
営業時間 朝食 6:30〜11:00 ランチ 11:30〜15:30
ディナー 18:00〜22:30
ラウンジ 10:30〜23:30
アフタヌーンティー(平日 14:00〜17:00
土・日・祝(1部) 13:00〜15:00(2部)15:30〜17:30)
※ラストオーダーは30分前
ディナー 17:00~23:00(L.O.21:00)
定休日 無休
平均予算目安(昼/夜)¥5,000/¥15,000

 食べログ

一休レストラン

ルーフトップバー52階

ホテル最上階にあるバー。セミオープンテラスからは東京湾やお台場のきらめく夜景を 眺めてお酒を楽しむことができる大人のスペースです。

52階のセミオープンテラスということで開業前かなり話題になっていました。

ここはエリアが3つに分かれており炉を囲んだ日本スタイルのスペースなどもあり、 ユニークです。

行く人や用途によって使い分けると楽しいです。 お酒はカクテルから日本酒シャンパンまで、様々なお酒を取り揃えています。 さらにルーフトップバーを奥に進むと8席だけのお寿司スペース「The sushi」があります。

基本は「おまかせ」や「お好み」で、隣接する「ルーフトップバー」でも飲みながらお寿司を楽しむことができるのがユニーク。 アミューズメント性があって、デートなどにもおすすめです。

一休レストラン

【the SUSHI】の詳細情報
8席
寿司
営業時間 17:00~22:00
定休日 無休
平均予算¥10,000~¥15,000

2016年に開業した「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」もこの一つのスペースにエリアごとに違う食を楽しめるタイプのレストランで、今後高級ホテルで増えていくスタイルだと思います。

【ルーフトップバー】の詳細情報
52階
営業時間 [月~木・日]17:00~24:00 [金・土]17:00~翌1:00(料理L.O.22:45) 無休 予約不可
平均予算¥5,000

食べログ

カフェ&バー BeBu (ビブ)




アンダーズのコンセプトでもある地域密着を表現したカジュアルレストランも

1階のハンバーガー&グリル「BeBu」 「ベブ」と読みます。

新虎通りに面したオープンなレストラン。 近辺のオフィスビル勤務のサラリーマンも気軽に立ち寄れるカジュアルな雰囲気が素敵です。

テラスもあり夜は22時半まで営業しています。 店名は「Beer」と「Buger」から命名。国内外のクラフトビールを多く取り揃え、各国料理をイメージしたバリエーション豊かな ハンバーガーが自慢です。

実はこういうお店は非常に使い勝手がいいんですよね。仲良くない友人と行ってもきまずくないし、ちょっと部下を呼び出して話を聞いたり、フランクな雰囲気で コミュニケーションとるのにこの手のお店は非常に便利です。

テラス席

涼しいのうちはここでのビールはいいですね。 個人的にはアンダーズではここが一番好きかもしれません。




Bebuのシグネチャーバーガー 「クラシック」は100%ビーフを2回に分けてミンチにしたこだわりのある人気メニュー。ビールとともにいただく方が多いです。

【Bebu】の詳細情報

百名店2018
1F
カフェ バー
営業時間 (月~金)11:00 ~ 23:00(LO. 22:30)
(土日祝)11:00 ~ 22:00(LO. 21:30)
ラウンジ 11:00 〜 21:00(LO.20:30)
定休日 無休
平均予算(昼/夜)¥2.000/¥3,000

64席サービス料なし

食べログ

ペストリー ショップ

ペストリーショップでは気軽なお土産を買うことができて、便利です。 (近辺のオフィスに勤める秘書にも手土産をさっと調達が出来て人気です。)

旬のフルーツなどを用いたタルトや色とりどりのエクレアはいかにも東京のおしゃれなお土産という雰囲気。他にはないユニークなデザートが揃います。また焼き菓子などもあるのできちんとした先への手土産にも対応可能。
カフェスペースではイートイン可能。
ホテルのショップなので空気感もよくおすすめです。

【ペストリーショップ】の詳細情報
1階
営業時間 (月〜金)8:00 ~ 20:00(土日祝)10:00 ~ 20:00
無休 イートイン20席
平均予算 ¥1,000~¥2,000

食べログ

アンダーズ東京レストランのまとめ




アンダーズ東京のレストランはこなれていていいですね。

洒落込んだ別世界という旧タイプのホテルのレストランではなく、高級ではあっても、地元のオフィスで働く人たちも気軽に立ち寄れるような スタイリッシュさがあって今どきのホテルです。

本当に特別なディナーなら銀座や神谷町近辺で楽しみほろ酔いでホテルに戻って上のバーで飲み直す、なんていうのもいいですね。

近所にはホテルオークラ東京ANAインターコンチ帝国ホテルマンダリンリッツもあります。 タクシーで1〜2メーター程度で動けるので、ホテルに泊まるとしてもレストランは別のホテルで楽しむのもおすすめです。

一休レストラン

予約・空室検索

JTB
一休
Relux
オズモール
楽天トラベル
JTB
一休
Relux
なし
なし

dトラベル

アンダーズ東京
東京都港区虎ノ門1丁目23一4 虎ノ門ヒルズ
地下鉄銀座線虎ノ門駅1番出口から徒歩約5分