高級ホテル・ラグジュアリーホテルで至福の時間

東京中心に国内外の高級ホテル・ラグジュアリ-ホテルや旅館についてお届けします。

ホテル雅叙園東京

 今回は2017年3月グランドオープンしたホテル雅叙園東京 [旧 目黒雅叙園] についてです。都心にいながら高級旅館のような落ち着きのあるホテルに生まれ変わりました。

 

アマン東京のように、すべてが70平米以上のスイートルーム仕様です。昭和初期の伝統ある絵画・美術工芸品約2,500点を見られる館内や、文化財「百段階段」(旧3号館・木造建築)など本物の日本文化に触れることができるのがここのメリット。

 

お部屋は目黒雅叙園時代同様に、和室や和洋室も用意し、お祝い事の際の宿泊など様々なシーンの利用に適したホテルです。

 

 

 

ホテル雅叙園東京の概要

 

雅叙園は昭和3年に創業し、昭和6年に目黒に結婚式場・ホテル・レストランなどの複合施設として開業しました。90年に渡り「目黒雅叙園」として営業を続けてきましたが、2020年の東京オリンピックを控え、また時代のニーズを捉えて「ホテル雅叙園東京」としてリブランドオープンしました。なお「百年階段」は千と千尋の神隠しのモデルにもなっています。

 

日本風のホテルで、結婚式場や宴会場があり、庭園や日本の文化的な資源を有する点で、系統的には江戸川橋の椿山荘東京に似ています。大人数の滞在もカバーでき、その落ち着いた雰囲気から比較的年齢層の高い方にも人気のあるホテルです。

 

blog.hotelsmatome.com

 

 ホテルのロケーションは都心にありながら閑静なエリアです。すぐそばにアマゾンジャパンの本社があります。

 

 

 

ホテル雅叙園東京へのアクセス

ホテル雅叙園東京の最寄駅は、JR山手線・地下鉄南北線・東急目黒線「目黒駅」です。西口から徒歩6分くらいです。

 

 

目黒駅と品川駅からのホテルへの無料バスが出ています。


・ホテル雅叙園東京 正面玄関 発⇒JR目黒駅(東口)
11時~21時(00分 20分 40分)

・JR目黒駅(東口)⇒ホテル雅叙園東京 正面玄関
11時~21時(05分 25分 45分)

・ホテル雅叙園東京 正面玄関 ⇒JR品川駅(高輪口)
13時~15時、17時~18時(10分 発)

・JR品川駅(高輪口)⇒ホテル雅叙園東京 正面玄関
13時~15時、17時~18時(25分 発)

 

車の場合は首都高速2号線「目黒ランプ」から約3分です。

 

駐車場は宿泊者は無料です。屋内駐車場 収容台数は400台( 車高 2.4m )です。バレーサービスはありません。
 

ホテル雅叙園東京の客室

客室は全60室です。全室禁煙です。ホテル雅叙園東京の客室コンセプトは「和敬清心」です。「和敬(わけい)」とは、茶道で重んじる精神の一つで、心をおだやかにして慎み、相手を敬うという意味です。

「清心」はホテルのホスピタリティとして、清潔であること清廉心を持つことを意味しています。そういったものを和の素材やでティールで表現しながら、全体的には茶室のわびさびなどを光を使って演出しています。

 

お部屋のイメージは正直個性を感じないのですが、バスルームが非常に雅叙園っぽいです。

 

ツインルーム(70平米)はビューバス、スチームサウナ付きです。ローソファーなど家具を低くしていることでさらに広々と感じます。

ツインルームは6階に位置します。大きな窓があり明るくて居心地のいいお部屋です。マンダリンのエグゼクティブスイートの一室と雰囲気と家具の配置が同じ感じ。

 

ベッドサイズは120cm幅で普通です。ベッドは世界のベッド「シモンズベッド」です。ツインルームは80平米の広めのお部屋もあります。

 

こちらh70平米のツインルームのバスルームです。

館内のアートに通ずる「雅叙園テイスト」を感じます。ぎらっとしています。

 


80平米のツインルーム。大きなデスクは使いやすいです。

ホテル雅叙園東京の新しいゲストルームはマンダリンの客室をモデルにしているように個人的に見えてしまいます。

 

 

blog.hotelsmatome.com

 

 

ツインルーム(80平米)のバスルームです。

 

洋風ですが、着地点が「和」のバスルーム

 

「日本のホテル新御三家」のひとつ、恵比寿の「ウエスティン東京」はヨーロピアンスタイルの黒とゴールドの重厚なバスルームがあります。

blog.hotelsmatome.com

 

 

ラグジュアリールーム(70平米)もこのホテルの客室の中ではスタンダードなお部屋です。

140cm幅のセミダブルベッドを2台配しています。

 

バスルームはお部屋から外の景色を一望できるビューバスタイプです。ジェットバス付きです。バスタブはお着物のような赤。

このお部屋はリバービューで目黒川が見えます。春は桜がきれいです。

 

エグゼクティブスイート(80平米)は最大4名まで宿泊できるお部屋です。
リビング、ベッドルームが独立して広さも十分。シンプルに設えた上質なお部屋は自宅のようにくつろげます。

 

エグゼクテブスイートのベッドルームです。


カーペットは井草色と模様で、畳をイメージしています。

 

ベッド4台を設えても広々としているので過ごしやすいです。女子会などにもおすすめ。

 

 

 

 

コーナースイート(110平米)はダイニングを有した贅沢なスイートルームです。
角部屋で2面の窓があり明るく清々しい雰囲気のある魅力あるお部屋。

 

コーナースイートのダイニングは広々としていて使いやすいです。プライベートダイニングもおすすめ。窓からは庭園の緑が望めます。

 

和洋室(80平米)はツイン+和室4.5畳のお部屋です。

和室のくつろぎとベッドタイプの使いやすさを兼ね備えており使い勝手が良いお部屋です。

 

 

和洋室(120平米)はご家族にもおすすめの広々とした居心地のいいお部屋です。

こちらセミスイートタイプで広さをダイレクトに感じるお部屋です。
大きな窓からは庭園の緑が広がります。畳スペースがあり団欒にもぴったり。洋のコーナーにはゆったりとしたソファも配し、好きなエリアでリラックスして過ごせます。

 

 

広々としたバスルームは贅沢な総大理石造り。ジェットバスには埋め込みのテレビもあり、くつろぎのバスタイムを満喫できます。スチームサウナでリフレッシュもできます。 白だとイメージが変わりますね。

洋室にはダークカラーのバスルームで、和の雰囲気を加え、和のお部屋には合えて洋のテイストの強い白いバスルームを持ってきているよう

 

和室10畳+12畳は最大6名まで滞在できます。目黒雅叙園時代を感じるお部屋です。

シンプルな和室は大人数でも利用しやすいので冠婚葬祭などにもおすすめ。

 

和室のバウスームは日本風のヒノキ風呂です。ジェットバス&テレビ付きでこう見えて実は機能的です。


窓から緑が見えるビューバスというのも趣があって素敵。まるでどこかの旅館にきたかようです。

 

アンバサダースイート(120平米)は8階にある優雅なスイートです。2017年にリニューアルされたお部屋で最も新しいお部屋です。2名までの贅沢なお部屋です。

 

 

雅叙園スイート(240平米)はホテル雅叙園東京でもっとも優雅なスイートルームです。居住エリアと寝室が分かれ、大きなダイニングテーブルも備えています。雅叙園らしい荘厳かつ重厚な佇まいを感じるスイートです。

 

 

エグゼクティブラウンジ 桜花-OUKA-

エグゼクティブラウンジは宿泊者専用のラウンジです。朝食、ティータイム、カクテルタイムなどにフードやドリンクなどを頂くことができます。

 

 

ホテル雅叙園東京の料金

スタンダードな80平米のスイートでなんと4万円程度から宿泊できコストパフォーマンスは良いです。記念日にもおすすめ。

 

 

ホテル雅叙園東京の朝食

和洋ブッフェ 大人3,661円/幼児・小学生(4~6歳)2,376円

 

ホテル雅叙園東京のレストラン

ステーキハウス ハマ

 

鉄板焼

1階

営業時間    ランチ 11:30 ~ 14:00(14:00L.O.)(土日祝 ~ 15:00)ディナー 17:00 ~

22:00(21:30)

ランチ 6,000円~

ディナー 15,000円~

32席 全面禁煙 

ドレスコード なし

サービス料 10%

鉄板焼の元祖とも言えるステーキ ハマ。目黒のここは小さめで雰囲気が良く落ち着きます。カップルやファミリーが多く、割とカジュアルな雰囲気です。席の間隔は狭め、デザートは別室で頂くかたちです。

お料理はスタンダードな美味しさで値段相応。過度な演出はなく淡々とお肉を調理してくれます。シェフとのコミュニケーションを楽しむというよりはここはお肉の味と雰囲気を純粋に楽しむような感じです。サービスはあまり期待はできませんが、独特の雰囲気やお料理で食事を終えるとそれなりに満足感があります。

 

日本料理 渡風亭(とふうてい)

 

1F 

営業時間  ランチ 11:30 ~ 14:30 (L.O.) ディナー 17:30 ~ 20:30 (L.O.)

(土日祝 11:30 ~ 20:30 (L.O.)  ランチL.O. 15:00)

ランチ 6,000円~

ディナー 15,000円~

分煙 60席 個室あり

ドレスコード  なし

サービス料 10%

茅葺き屋根の一軒家のレストラン。設えが豪華です。個室ですべてのお部屋で趣向が異なります。冠婚葬祭で利用する方が多いです。サービスは丁寧できちんとしており安心感があります。お料理はどれも薄味の上品な味付けで、これといって印象には残りません。よくあるホテルの懐石料理といった感じです。すべて個室なので小さい子がいる場合などは周囲に気を使わずよいですね。

 

東京チャイニーズ 旬遊紀

 

1F

営業時間 ランチ 11:30 ~ 16:00 (L.O.) ディナー17:30 ~ 21:30 (L.O.)

土日祝 11:30 ~ 21:30(L.O.) ランチL.O.16:00

ランチ 4,000円~

ディナー 8,000円~

分煙 128席 特別個室4室/一般個室4部屋

ドレスコード なし

サービス料 10%

ホテル雅叙園東京の中国料理。こちらも豪華な内装が特徴です。中国料理店で見かける丸い回転テーブルの発祥のレストランということで有名。お料理はものすごく美味しいということはなく、雰囲気なども含めて値段相応です。オーダーブッフェが昼夜がり、プランを利用すればお得感はあります。個室も多くこちらも渡波亭と同様に冠婚葬祭などに利用しやすいお店。

 

西欧料理 クラブラウンジ

 

ブッフェ

営業時間 ランチ 11:30 ~ 14:30(L.O.)ティー 14:30 ~ 16:30 ディナー 17:30 ~ 21:30

全面禁煙 118席 

ドレスコード なし

サービス料 10%

ブッフェレストランです。「シンプル&ラグジュアリー」をテーマにした店内は他レストラン同様に豪華です。フレンチをベースにしたヘルシーなメニューがお料理コンセプトで、ブッフェも品数は多くないですが、ローストビーフなどホテルブッフェ定番メニューが並びます。お味はまずくはないのですが、これといったメニューもなく、なんとなく雰囲気がいい中お腹を満たすイメージ。何かのついでに頂くのならいいですが、わざわざお金を払って食べに来るのはあまり魅力を感じません。サービスは普通。

 

カフェラウンジ パンドラ

 

 

営業時間 10:00~22:00(土日祝9:00~)

昼 1,000円〜

夜  2,000円〜

サービス料 10%

雰囲気のいいラウンジ。大きな窓からは滝や池が見え、都会とは思えない落ち着いた雰囲気です。ここはアフタヌーンティが人気。お味はどれも普通に美味しく、季節を使ったスイーツはフレッシュで美味。ボリュームもそこそこありコストパフォーマンスはいいです。お料理はあまり美味しくないのでおすすめしません。女性が多いですが、館内などでイベントがあるとおばさまたちがとても多くなります。サービスは控えめながら丁寧でにこやかです。気持ちのいい空間なので気分転換に最適です。

 

Cafe & Bar 結庵 YUI-AN 

 

カフェバー

営業時間 11:30~22:30(L.O.)土日祝 11:30~15:00(L.O.)

ランチ 3,000円~

ディナー 4,000円~

ランチは禁煙、ディナーは分煙 56席

サービス料 10%(ディナータイムのみ)

雰囲気がいいカフェバー。庭園の裏にあり、森の中にいるような空間です。ここもアフタヌーンティが人気。スイーツは結構美味しいです。ただやはりお料理が普通です。雅叙園は雰囲気はいいのですがお味があまり魅力的ではありません。アルコタワーアネックスをあがって裏手にあり、駅にも近く、お友達とのお茶などには気軽に使えます。

 

リストランテ カノビアーノ

 

イタリア料理

営業時間 ランチ 11:30 ~ 14:30(土日祝 ~ 15:00) ディナー17:30 ~ 21:30

ランチ 4,000円~

ディナー 8,000円~

全面禁煙 72席(個室1室)

ドレスコード スマートカジュアル

サービス料 10%

代官山の有名イタリアンがこちらに移転してきました。からすみのカッペリーニが昔から名物です。バランスの取れた美味しいイタリアンで、コースを頂くと幸せを感じます。感動するというよりはいいものを食べたなと満足ができる感じです。量もちょうどよく、雅叙園の豪華な店内で優雅に頂くこともできます。テラス席もあるのでそちらもおすすめ。サービスはちょっとぎこちないです。

 

New American Grill

 

ステーキ・グリル料理

営業時間 11:00~14:30 ティータイム 14:30~17:30 ディナー 17:30~23:00

土日祝 昼 11:00~16:00 ティータイム 16:00~17:30 ディナー 17:30~23:00

ランチ 3,000円~

ディナー 4,000円~ 

全面禁煙 144席

ドレスコード スマートカジュアル

サービス料 10%

 

2017年9月にオープンしたばかりのレストラン。ランチタイムはブッフェ、夜はコース料理やアラカルトも充実しています。高級ホテルのオールデイダイニングを高級にしたような雰囲気で、グリル料理をメインに持ってきた最近多いスタイルです。少しこだわりのお料理をおしゃれな空間でワインやシャンパンなどと頂く、使いやすい、あえていえば「オールマイティ」なレストランです。ドレスコードがあるので注意。

 

 

ホテル雅叙園東京のまとめ

 豪華絢爛なホテルとして有名な雅叙園が今どきのラグジュアリーホテルの機能性や快適性をもったお部屋にアップデートしてリブランドオープンしました。特にバスルームが充実しておりジェットバス付き、ビューバスなどが快適で気持ちがいいです。どこを見てもきらびやかで圧倒される館内とシンプルでモダンな客室のギャップがいいですね。

 

レストランはホテルの豪華な雰囲気で味やサービスをカバーしている部分が多いです。お味ベースで利用価値があるのは鉄板焼とイタリアンです。ホテル周辺の目黒、白金台あたりはイタリアンをはじめ有名レストランが多くあるエリアです。個人的には外での食事がおすすめです。

 

館内で見られるアートは貴重です。昭和初期の数々の芸術を壁画、絵画、建築様式、とにかく圧倒されるような雰囲気ですのでこれらは一見の価値ありです。小川が流れて橋もある豪華なトイレはびっくりします。

 

一休
るるぶ
じゃらん
JTB
楽天トラベル
オズモール
一休 るるぶ じゃらん JTB 楽天トラベル オズモール