読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高級ホテル・ラグジュアリーホテルで至福の時間

東京都内の高級ホテル・ラグジュアリーホテルの紹介ブログです。お問い合わせはこちらまでtamakohotel@gmail.com

那須塩原 松楓楼 松屋の露天風呂付き客室

f:id:tamakohotel:20170513130007j:plain

今回は栃木県那須塩原市にある湯ったりの宿 松楓楼 松屋 の本館露天風呂付き和室についてです。

 

2017年春、ここが大幅にリノベーションし露天風呂付き客室の数が増えたのでご紹介することにしました。

 

f:id:tamakohotel:20170513153335j:plain

 

那須塩原にある『湯ったりの宿松楓楼 松屋』さん。ここは特別な高級旅館というわけでは無いのですが、お料理(特に朝食)が美味しいです。わたしはここの「特別室」(現在の「星ひかる」という客室)に一時かなりの頻度で通っていました。 

 

特別室「星ひかる」はかつてVISAカードのCMで観月ありさんが川沿いの露天風呂でくつろぐシーンで使われたことで有名です。

 

www.youtube.com

 

この「特別室」は1泊2食付きで繁忙期で7万弱くらい。でもこのスペックだと10万越えの旅館と同じくらい満足できたので、帰る際に次の予約を必ず入れていました。

 

当時はこの星ひかるが一番いい客室でしたが、この春このお部屋タイプ(もっと広いお部屋もあります。)が5つほど増えました。

 松屋の露天風呂付き客室

 

松屋には露天風呂付き客室が、全部で11室あります。すべてがリバービューで、部屋からは川のせせらぎが聞こえます。

 

1階と2階それぞれに露天風呂付き客室があるのですが、1Fでも位置が高いので、外から見えることはほぼ無いです。

川は1階の客室から5メートルほど下にあります。また、川沿いの通路も2,3メートル下です。

 

 

別邸 六花(りっか)

f:id:tamakohotel:20170513133326j:plain

 www.matsuya.org/

別邸六花(りっか)は以前からあった露天風呂客室で、それぞれに個性がある客室です。それを6つのお花に例えて「六花」と命名されています。素敵ですね。

 

別邸六花はモダンなインテリアのお部屋が多いのが特徴です。(2Fの「やしお」は和室です。)

 

1階のお部屋(れんぎょう・もくれん・すおう)は露天風呂、2階は半露天風呂の客室になっています。1階の客室はテラスがあるので湯上りにそこで涼んだりかなり気持ちがよく、テラスがある分視覚が外に抜けるので、より広々と開放的に感じます。 

 

おすすめはお風呂が大きい1Fの「れんぎょう」「もくれん」のお部屋です。

 

 

f:id:tamakohotel:20170513134527j:plain

www.matsuya.org/

1F「れんぎょう」通常のベッドタイプの室内 掘りごたつもあり、かなり居心地がいいです。ただ1階は結構川の流れる音が大きいです。気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

別邸の利点は、ダイニング、ベッドやローベッドの設えのお部屋があり、ご年配の方などには特に使いやすいというところでしょう。

f:id:tamakohotel:20170513140032j:plain

「もくれん」の室内。こちらはローベッドです。

 

ただヒノキのお風呂がありません。 露天風呂はどのお部屋も石造りか信楽焼きとなります。わたしは木のお風呂が好きだったので、通常の和室でもひのきのお風呂の特別室(星ゆたか)を好んで利用していました。

 

f:id:tamakohotel:20170513132123j:plain

2F「すおう」の半露天風呂 信楽焼造りのお風呂

 

こちらは2F「きぶし」57平米 お部屋は広めですが半露天風呂のお風呂は少し小さめです。

f:id:tamakohotel:20170513132313j:plain

 www.matsuya.org/

本館

f:id:tamakohotel:20170513142434j:plain

山そまり 72平米 www.matsuya.org/

2017年春、つい最近リニューアルオープンした『本館露天風呂フロア』には露天風呂付きの和洋室が4部屋と和室が1室あり、すべてが禁煙室になります。

 

「風かおり」「山そまり」「星ひかる」がお風呂が広くおすすめです。個人的はやっぱり旧特別室の「星ひかる」が洗面所が唯一ダブルシンクで広々としていることもあり、おすすめです。

 

ただ新設のお部屋は何よりも気持ちがいいですよね。「風かおり」「山そまり」はお風呂もかなり大きいです。10万以下で宿泊できる客室付きの露天風呂では関東では最大級ではないでしょうか。本当にここは穴場です。

 

f:id:tamakohotel:20170513151141j:plain

 

那須塩原 松楓楼 松屋の部屋で頂くお料理は、基本的にとても美味しいです。下手な都内の高級懐石より中身があると思います。お酒もかなり進みます。

 

特にせせらぎを聞きながら部屋で頂く和朝食はとてもシンプルな内容ですが最高です。

 

那須塩原 松楓楼 松屋の大浴場

那須塩原 松楓楼 松屋の大浴場です。ここは男湯、女湯は固定です。内湯と露天風呂があります。

こちらは女性の露天風呂です。渓谷沿いですが、上手に目隠しされていて外から見える心配はありません。夜も風情があって素敵です。

f:id:tamakohotel:20170513114127j:plain

 

こちらは男性のお風呂。わたしは入ったことはもちろん無いのですが、目隠しが無いためかなりオープンな雰囲気とのことです。

f:id:tamakohotel:20170513114151j:plain

www.matsuya.org/

パートナーなどの話を聞いているとやはり男性のお風呂のほうが開放的な雰囲気で気持ち良さそうです。

 

那須塩原 松楓楼 松屋の温泉について

 

那須塩原 松楓楼 松屋の温泉は河川敷から毎分800リットル湧き出る源泉を引いています。

 

源泉は60度あり雪が積もる真冬でも露天風呂で十分温まります。夏は温度調節が難しかったりします。(わたしは自分では出来ませんでした。。)

 

泉質はナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩泉です。無色透明、中性の泉質で肌当たりは柔らかです。

 

ここのお湯は「温まりの湯」と言われています。確かに湯冷めしにくいと思います。お湯は舐めてもそんなにしょっぱくないのですが、塩の殺菌効果で、切り傷・火傷・慢性皮膚炎・虚弱児童・慢性婦人病に効果があると言われています。

 

また天然の保湿成分の「メタけい酸」が豊富で美肌効果があり女性には嬉しいです。こちらは女湯です。

 

混浴の二つの温泉(公共浴場) 

那須塩原 松楓楼 松屋のそばには、有名な公共浴場が二つあります。ここは混浴なのですが、どちらも歩いていけるのですが、夜になるのを待ち、懐中電灯を借りていつも行っていました。

 

 ・不動の湯

f:id:tamakohotel:20170513113717j:plain

不動の湯はすばらしい泉質です。宿から徒歩5、6分のところにあるのですが、夜は本当に真っ暗。男性一人か、カップルが多かったです。

 

暗黙の了解で、脱衣所のところでたどり着くまで点けていた懐中電灯は消します。足探りとお湯の音、人の声を頼りにこの温泉のところまで行き、温泉に浸かります。

 

本当に真っ暗なので何も見えません。女性だけだとちょっとおすすめできません。

 

・岩の湯

f:id:tamakohotel:20170513113804j:plain

こちらは宿の対岸(向かって左側)昼だと地元の人が入っています。この写真の奥にもうひとつ深さのある温泉があります。そちらは前に木の目隠しがあるので、夜なら女性でもトライできます。ただ深さ70センチくらいで突然深くなるので(よく入るときに落ちてる人を見ました。)で温泉も熱いです。

 

岩の湯は明るいのでパートナーと一緒でも女性にはかなり敷居は高い思います。わたしはバスタオルを巻いて1度だけトライしました。でもお湯は最高です。男性が羨ましいですね。

 

まとめ

 f:id:tamakohotel:20170513114028j:plain

www.matsuya.org/

この宿は3年間2ヶ月に1度は行っていた大好きな宿です。部屋で食べるお食事が美味しいのと、温泉(部屋付きと、上記の野湯)でコストパフォーマンスがピカイチだったので、ここまでよく通ったのだと思います。

 

現「星ひかる」の客室は、テラスも広くヒノキのお風呂も本当に気持ち良くて、この料金でこんなに満足できる宿は、いまだ見つけられません。

 

また、もしお車なら、少し遠いですが、チェックインの当日の昼などに美味しいお蕎麦が食べられる石心にぜひ行ってみてください。店内の設えなどのセンスが非常によく「本物」のお店。お蕎麦も美味しく器も素晴らしいです。宿から少し遠いですし、大抵順番待ちするのですが、行く価値は十分あると思います。

 

 

 那須塩原 松楓楼 松屋の宿泊予約

一休
るるぶ
じゃらん
JTB
楽天トラベル
- るるぶ じゃらん JTB 塩原温泉 湯ったりの宿 松楓楼 松屋

 

 

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原168

東京駅〜那須塩原駅(東北新幹線 75分)〜バス60分(塩原温泉行 「塩原福原」下車 )

都心(東北自動車道)〜西那須野塩原I.C.(150分)〜宿 20分程度