読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高級ホテル・ラグジュアリーホテルで至福の時間

東京都内の高級ホテル・ラグジュアリーホテルの紹介ブログです。お問い合わせはこちらまでtamakohotel@gmail.com

アンダーズ東京1〜虎ノ門ヒルズ内のラグジュアリーホテル

   

虎ノ門に2014年に開業した「アンダーズ東京」 西新宿の「パークハイアット東京」六本木ヒルズ隣の「グランドハイアット東京」 と同じ「ハイアットホテルアンドリゾーツ」が手がけるホテルブランドの一つです。

 

グレードは高い順にパークハイアット、アンダーズ、グランドハイアットといったところでしょうか。 特に「デザイン性」で特徴があるホテルといえます。

 

 

 

ホテルのある虎ノ門は、国政の中心とも近く、かつ近くには愛宕神社や浜離宮があり 江戸の文化を感じるエリアでもあります。

 

ホテルは虎ノ門ヒルズの47〜52階に入居しており、地上階にもレストランと ショップを展開しています。リッツや日本橋のマンダリンオリエンタル東京などと同じ展開の仕方ですね。

 

アンダーズ東京のコンセプト

 

ブランド名でもある「アンダーズ」とは、ヒンディー語で「パーソナルスタイル」を意味します。

 

 

ホテルのコンセプトでもある「友人の家のような自由でバリアのないくつろぎをゲストに提供する」ためレセプションや名札といったものがありません。チェックインもホテルマンの方が来てくれるので手続きの手間や緊張感を感じることもありません。

 

ハイアット系ホテルは他の外資系のホテルグループに比べてサービスレベルは高いです。だから満足度も高いのです。いくら豪華でサーブされるものが素晴らしくてもサービスがだめだとすべてが台無しですからね。

 

 

ホテルのデザインですが、今どきホテルの流行でもある 和ベースのシンプルモダンです。 しかしアンダーズ東京は非常に個性的でアバンギャルドです。

ホテルのアートが見逃せない

 

ホテル随所で見かけるアートワークがちょっとすごい。

 

 

 

 

エレベーターの中で見ることができる和紙アーティストの永田哲也さんの作品 。和菓子の木型を使っているそうですが、 和紙で作られているのがまず驚きで、 さらに今にも動き出しそうで目が釘付けになってしまします。

 

和紙の質感や光の当たり具合によって変わる影や表情 狭いスペースで見るには勿体ないと素人には感じてしまいますが、 切手の世界と同じく計算されつくしたアートワークなのでしょう。

 

パークハイアットのエレベーターでも斜め上を見上げると例のオブジェがありますし、 ハイアットは遊び心に富んでいて素晴らしいです。

 

しかしエレベーターになにげなく乗って横を向いてこのアートと対面したら 相当びっくりします。  

 

好き嫌いが分かれそうな大胆な作品を内装に取り入れるのは、 やはり大衆向けではなく限られたゲスト向けのホテルだからでしょう。 ラグジュアリーホテルの色気を感じる部分です。

ホテルへ続く通路も素敵。

日常の喧騒から離れ、自分や大切な人とのスピリチュアルな時間へと続く 廊下です。  

 

 

ホテル随所で見かける「格子」はどこか懐かしい雰囲気です。

 

どことなくホテルオークラのもう無くなってしまった 美しい旧館ロビーの印象があります。 和のデザインの印象がありますが、スペインのグラナダでよく見かける アラベスク模様も彷彿とさせます。

作り手の様々なインスピレーションが交差しているようで、美しいです。

 

 

やっぱりこのホテルは大変ユニークです。 これだけ個性的なアートをひとつにまとめるのはなかなかできません。

テーブルの足は、 グランドハイアットのオブジェのようですね。 そしてB&WのNautilasを思い出します。 龍や雲をモチーフにしたような奥のオブジェも少し風変わりですし アートだけでも見応えのあるホテルです。  

 

次回は客室をご紹介します。    

 

 

アンダーズ東京    

 

るるぶ